東京:杉並:飯田橋
CFP®・1級FP技能士・確定拠出年金アドバイザーの私がご相談をお受けします。

HOME > 会社案内

ご縁があった方々とその周りの方々が、これからの『自己責任』『自助努力』の時代において、身体的・精神的・経済的そして社会的に健康な生活を送ることができますよう、ファイナンシャルプランナーとして専門の領域である、「資産形成」「年金」「保険」「ライフプラン」「相続対策」」等、お金に関する「問題解決(ソリューション)」を継続的にサポートいたします。

株式会社 Life Solution
代表取締役 川島 登美子

iDeCo(イデコ)について

厚生労働省は、「個人型確定拠出年金」の普及を目的として、愛称を「iDeCo」と決定しました。
「iDeCoは、英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表しています。

また、「i」には「私」という意味が込められており、「自分で運用する年金」と言う特徴を捉えています。

公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つです。
公的年金と異なり、加入は任意となります。

加入の申込、掛金の拠出、掛金の運用の全てをご自身で行い 掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための一助となります。

「iDeCo」効果もあり、個人型確定拠出年金の加入者は、2018年10月には100万人を超えました。

iDeCoに加入する際は、iDeCoを取り扱っている金融機関(運営管理機関)で
加入手続きをします。運営管理機関ごとに運用商品や手数料が異なります。
◇加入できる人
1.自営業者等
 (農業者年金の被保険者の方、国民年金の保険料を
  免除されている方を除く)
 (国民年金第1号被保険者)
2.厚生年金保険の被保険者
(公務員や私学共済制度の加入者を含む。
  企業型年金加入者においては、企業型年金規約において
  個人型年金への加入が認められている方に限る。)
(国民年金2号被保険者)
3.専業主婦(夫)等
(国民年金第3号被保険者)
◇掛金の拠出
加入者個人が拠出(「iDeCo+」(イデコプラス・中小事業主掛金納付制度)を利用する場合は事業主も拠出可能)
◇拠出限度額
1.自営業者等
68,000円/月
※国民年金基金の掛金、または国民年金の付加保険料を
  納付している場合は、それらの額を控除した額

2.厚生年金保険の被保険者のうち
〔1〕厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合
12,000円/月
〔2〕企業型年金のみを実施している場合
20,000円/月
〔3〕企業型年金や厚生年金基金等の確定給付型の年金を
 実施していない場合(下記〔4〕の方を除く)
23,000円/月
〔4〕公務員、私学共済制度の加入者
12,000円/月

3.専業主婦(夫)等
23,000円/月

会社名
株式会社 Life Solution (ライフソリューション)
設立年月日
2004年2月16日
本社所在地
〒167-0021 東京都杉並区井草2丁目8-17 プレール・ドゥーク下井草305号室
役 員
代表取締役  川島 登美子
取締役  藤田 雅彦
取引銀行
三井住友銀行 下井草支店
事業内容
ファイナンシャル・プランニング全般
資産運用・生命保険のプランニング
相続事業継承プランニング
セミナー

・女性のためのライフプランニング

・老後を豊かにする資産運用

・想いを伝える想続…受ける相続・遺す相続

など

証券会社・保険会社・銀行などの金融機関に所属せず、個人・法人の皆さまに、投資信託や保険商品を問題解決商品として、資産運用・保険のアドバイスを行っています。
IFA「Independent Financial Adviser(インディペンデント・ファイナンシャル・アドバイザー)」という立場でご相談をお受けしています。
提携金融機関
エース証券
メットライフ生命
ソニー生命
アフラック
三井住友海あいおい生命
オリックス生命
ジブラルタ生命
アクサ生命
チューリッヒ生命
三井生命

iDeCo(イデコ)について

厚生労働省は、「個人型確定拠出年金」の普及を目的として、愛称を「iDeCo」と決定しました。
「iDeCoは、英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表しています。

また、「i」には「私」という意味が込められており、「自分で運用する年金」と言う特徴を捉えています。

公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つです。
公的年金と異なり、加入は任意となります。

加入の申込、掛金の拠出、掛金の運用の全てをご自身で行い 掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための一助となります。

「iDeCo」効果もあり、個人型確定拠出年金の加入者は、2018年10月には100万人を超えました。

iDeCoに加入する際は、iDeCoを取り扱っている金融機関(運営管理機関)で
加入手続きをします。運営管理機関ごとに運用商品や手数料が異なります。
◇加入できる人
1.自営業者等
 (農業者年金の被保険者の方、国民年金の保険料を
  免除されている方を除く)
 (国民年金第1号被保険者)
2.厚生年金保険の被保険者
(公務員や私学共済制度の加入者を含む。
  企業型年金加入者においては、企業型年金規約において
  個人型年金への加入が認められている方に限る。)
(国民年金2号被保険者)
3.専業主婦(夫)等
(国民年金第3号被保険者)
◇掛金の拠出
加入者個人が拠出(「iDeCo+」(イデコプラス・中小事業主掛金納付制度)を利用する場合は事業主も拠出可能)
◇拠出限度額
1.自営業者等
68,000円/月
※国民年金基金の掛金、または国民年金の付加保険料を
  納付している場合は、それらの額を控除した額

2.厚生年金保険の被保険者のうち
〔1〕厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合
12,000円/月
〔2〕企業型年金のみを実施している場合
20,000円/月
〔3〕企業型年金や厚生年金基金等の確定給付型の年金を
 実施していない場合(下記〔4〕の方を除く)
23,000円/月
〔4〕公務員、私学共済制度の加入者
12,000円/月

3.専業主婦(夫)等
23,000円/月


ご相談&セミナースペース  IFPマネークリニック



所在地
東京都文京区後楽2-2-14
トータスビル1階
電話番号
03-5689-3347 
FAX
03-5689-3346
交通
JR

【飯田橋駅】東徒歩5分

東京メトロ

【飯田橋駅】A3出口徒歩5分

都営地下鉄

【飯田橋駅】C3出口徒歩2分

歩道橋を渡り五洋建設の前を通ります。松屋ビル(不動産会社)と
第六松屋ビル(居酒屋「南蛮渡来」)の間の細い路地を右に曲がり、
30m程先、右側にあるトータスビルの1階が、IFPマネークリニックです。


下井草OFFICE

所在地
東京都杉並区井草2丁目8-17
プレール・ドゥーク下井草
305号
電話番号
03-3926-2200 
FAX
03-5310-2787
交通
西武新宿線
【下井草駅】徒歩3分
旧早稲田通り沿いです

iDeCo(イデコ)について

厚生労働省は、「個人型確定拠出年金」の普及を目的として、愛称を「iDeCo」と決定しました。
「iDeCoは、英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表しています。

また、「i」には「私」という意味が込められており、「自分で運用する年金」と言う特徴を捉えています。

公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つです。
公的年金と異なり、加入は任意となります。

加入の申込、掛金の拠出、掛金の運用の全てをご自身で行い 掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための一助となります。

「iDeCo」効果もあり、個人型確定拠出年金の加入者は、2018年10月には100万人を超えました。

iDeCoに加入する際は、iDeCoを取り扱っている金融機関(運営管理機関)で
加入手続きをします。運営管理機関ごとに運用商品や手数料が異なります。
◇加入できる人
1.自営業者等
 (農業者年金の被保険者の方、国民年金の保険料を
  免除されている方を除く)
 (国民年金第1号被保険者)
2.厚生年金保険の被保険者
(公務員や私学共済制度の加入者を含む。
  企業型年金加入者においては、企業型年金規約において
  個人型年金への加入が認められている方に限る。)
(国民年金2号被保険者)
3.専業主婦(夫)等
(国民年金第3号被保険者)
◇掛金の拠出
加入者個人が拠出(「iDeCo+」(イデコプラス・中小事業主掛金納付制度)を利用する場合は事業主も拠出可能)
◇拠出限度額
1.自営業者等
68,000円/月
※国民年金基金の掛金、または国民年金の付加保険料を
  納付している場合は、それらの額を控除した額

2.厚生年金保険の被保険者のうち
〔1〕厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合
12,000円/月
〔2〕企業型年金のみを実施している場合
20,000円/月
〔3〕企業型年金や厚生年金基金等の確定給付型の年金を
 実施していない場合(下記〔4〕の方を除く)
23,000円/月
〔4〕公務員、私学共済制度の加入者
12,000円/月

3.専業主婦(夫)等
23,000円/月


「誰に相談してよいのかわからなくて・・・」
そんなお悩み、お聞かせください。
「お金のお医者さん」として、ピッタリな処方せんをお出しします。