Toplogo.png

kawasima.gifCFP®・1級FP技能士・CBC経営診断士・相続診断士の私がご相談をお受けします!

HOME > 会社情報 > ごあいさつ

kawasima4.jpg今、求められているのはFP手法を用いた保険の見直し。
ムダのない保険設計をするにはこの方法以外には考えられません!


私は生命保険を取り扱うプロとして保険会社に勤務していましたが、自社の商品しかお客様に勧められないことに疑問を感じ、独立して複数社の保険商品を取り扱う代理店の経営を始めました。しかし、商品のラインナップを増やすだけでは、十分でないことに気付き始めたのです。

そこでスタートさせたのがFP手法を用いた保険の見直しです。FP手法とは、お客様のライフプランをベースに複数の保険商品を組み合わせて設計する、カスタムメイドな見直し方法をいいます。1種類の保険に加入したほうがシンプルに見えますが、それは幕の内弁当のようなものなのです。食べたいものもあれば食べたくないものも入っています。複数の保険商品を組み合わせることで、食べたいものだけ(必要なものだけ)を選び出すことができるのです。

生命保険は「色・物・形」がないため、分かりにくいとよく言われますが、家族の生活を守るという大切な役割があります。生命保険は加入してからが本番です。結婚、出産などで保険は必ず見直しが必要になってきます。そこで重要になってくるのが担当者です。

大手生命保険会社の担当者は転勤や配置転換など、短期で変わってしまいがちですが、私どもの場合、担当者はずっと変わりません。ず~とあなたの専属です。長いおつきあいをしていくことになるので当然のことと考えています。

ライフソリューションでは、まず問診(いろいろなお話を聴いて)をして、解決すべき問題点を一緒に考えていきます。そしてその対処法として保険のドクターともいえる担当者が「ライフプランによる保険の処方箋」を作成していきます。

そして数ある保険商品の中から「処方箋」にそって設計していきます。これは例えるなら保険版の「調剤薬局」ともいえます。最近では銀行やコンビニエンスストアでも加入できるようになった生命保険ですが、大切なのは、「薬(保険商品)」だけではなく薬を処方する「ドクター(担当者)」です。

私たちは末長いお付き合いの中で、お客様の節目節目に「保険の処方箋」を作成するお手伝いをさせていただきたいと、日々願っております。

代表取締役  川島 登美子