東京:杉並:飯田橋
CFP®・1級FP技能士・確定拠出年金アドバイザーの私がご相談をお受けします。

HOME > サービス内容 > コンサルティング

わたくし、川島と、弊社取締役 藤田 雅彦(共に経営診断士)が
個人のライフプラン年金相続事業継承企業の資金調達から経営アドバイス
お金にまつわるご相談事を、お伺いします。(初回ご相談料は無料)

個人コンサルティング

会社オーナー様向け

サービス開始以来、大変ご好評をいただいている会社オーナー様向けサービスです。
「ファイナンシャル・プランナー」や「経営コンサルタント」と名乗っていても、結局は、単に保険を販売するだけであったり、不動産や押し売りのサービスだったりしていませんか?オーナー様個人の資産とキャッシュフローだけでなく、会社の状況を総合的に分析することによって、問題点が的確に把握でき、会社の売り上げや利益が大幅にアップします。さらに、相続や事業承継を見通した資産形成のお手伝いをいたします。


個人のお客さま向け

「過去に投資した投資商品が値下がりして、お困りではありませんか?
「儲かりますよ」とか甘い言葉に騙されてはいけません。
今までデフレの時代は「儲ける」より「守る」でした。これからはインフレ・円安経済になる可能性がでてきました。経済状況に応じて、「資産を守りながら、殖やす」ことが必要になります。
まずは、自らの保有している投資商品と保険商品を分析しましょう。そして、それぞれの「ライフプラン表」を作成し、将来の自分と子供の未来を考えてみましょう。
ライフプラン表の作成のお手伝いや運用アドバイスを通して、より明るい未来を設計します。




法人コンサルティング

資金調達

弊社では、「売上げアップこそ最高の資金調達!!」のキャッチフレーズでアドバイスを行っております。
にっちもさっちもいかなくなる前に対応することが大事です。
銀行、証券会社、投資銀行の業務の中で培った資金調達のノウハウと人脈をフルに活用して、資金調達と売上げアップのお手伝いをいたします。



経営顧問サービス

月に2回お伺いして、経営全般に対するアドバイスを行います。
おそらく、社長様の周りには、専門知識を持ったブレーン(会計士・税理士、弁護士等)がいらっしゃることでしょう。しかしながら、真に経営者の目線で対応してくれる専門家がどれだけいるでしょうか?当社を顧問に持つことで、同業他社とはっきり差別化できるようになります。
まずは、初回無料でご相談をお伺いします。



iDeCo(イデコ)について

厚生労働省は、「個人型確定拠出年金」の普及を目的として、愛称を「iDeCo」と決定しました。
「iDeCoは、英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表しています。

また、「i」には「私」という意味が込められており、「自分で運用する年金」と言う特徴を捉えています。

公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つです。
公的年金と異なり、加入は任意となります。

加入の申込、掛金の拠出、掛金の運用の全てをご自身で行い 掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための一助となります。

「iDeCo」効果もあり、個人型確定拠出年金の加入者は、2018年10月には100万人を超えました。

iDeCoに加入する際は、iDeCoを取り扱っている金融機関(運営管理機関)で
加入手続きをします。運営管理機関ごとに運用商品や手数料が異なります。
◇加入できる人
1.自営業者等
 (農業者年金の被保険者の方、国民年金の保険料を
  免除されている方を除く)
 (国民年金第1号被保険者)
2.厚生年金保険の被保険者
(公務員や私学共済制度の加入者を含む。
  企業型年金加入者においては、企業型年金規約において
  個人型年金への加入が認められている方に限る。)
(国民年金2号被保険者)
3.専業主婦(夫)等
(国民年金第3号被保険者)
◇掛金の拠出
加入者個人が拠出(「iDeCo+」(イデコプラス・中小事業主掛金納付制度)を利用する場合は事業主も拠出可能)
◇拠出限度額
1.自営業者等
68,000円/月
※国民年金基金の掛金、または国民年金の付加保険料を
  納付している場合は、それらの額を控除した額

2.厚生年金保険の被保険者のうち
〔1〕厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合
12,000円/月
〔2〕企業型年金のみを実施している場合
20,000円/月
〔3〕企業型年金や厚生年金基金等の確定給付型の年金を
 実施していない場合(下記〔4〕の方を除く)
23,000円/月
〔4〕公務員、私学共済制度の加入者
12,000円/月

3.専業主婦(夫)等
23,000円/月


「誰に相談してよいのかわからなくて・・・」
そんなお悩み、お聞かせください。
「お金のお医者さん」として、ピッタリな処方せんをお出しします。